cocokara's diary
私の日常を綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限定物に弱い女
共働きの時は、常に欲しいものがあっても、
自分の欲しいものは、自分の小遣いで買えば良かった。

が、大物(バッグや靴)などは、自分の小遣いで買うのは
イタイので、たいがい、誕生日や記念日にかこつけて
買ってもらうようにしておりました。
もちろん、夫の欲しいものも大物は記念日や誕生日に。

専業主婦になって、仕事で便利やけん、という理由が
使えなくなった今、ほしいものは単に欲しいという理由しか
なく、プレゼン(夫に素晴らしさを語って同意してもらう
ための行動)も難しくなりました。
今さらながら、仕事を辞める前に、そこそこ長年使える
時計やBagをそろえておいて良かったなと思う今日このごろ。

しかし、どうしても欲しいものがありまして、張り切って
プレゼンしたところ、見事通過しまして(と言っても、
審査員(夫)は甘いので、審査は通りやすいです)
クリスマスプレゼントとして買ってもらうことになりました。

時期は早いですが、早速お店に下見に行ったわけであります。
実際買うときは夫にもついてきてもらおうと思いましたが。
(私は5万以上するものを買うときは、一人で買いに
行くのがイヤなのです。店や乗り物に置いてきちゃうなんて
ヘマを犯すリスクが高いので、そうなったらかなり凹む)

そしたら、欲しいものよりもさらに欲しいものができました。
聞くところによると、限定でもう店に入ってこないかも
しんないなんて、魅惑的なセリフをおっしゃるのです。
微妙なモデルチェンジを繰り返しておりますが、私が見た
中でも一番カワユイのではないかと。
しかも残りがもうないなんて言うじゃない。
クリスマスまでもたんやんかー!!

当初の予定とは、かなり色もデザインも違いますが、
コレなら夫も同意してくれるであろうと、勝手におとり置き。

どうして私は「限定」「新製品」「希少」という言葉に弱い
のだろう。「限定」という言葉は人の判断を鈍らせます。

が、今晩のプレゼンには是非とも「限定」「希少」という
言葉をふんだんに盛り込んで、説得に掛かろうと思います♪
しかし、クリスマスが2ヶ月も早まって良いものだろうか。
ボーナスもまだ出ていないのに。てへ。





テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

輝く女は美しい
白ツバキやアジエンスのCMを観る度に
ドギマギしちゃいます。

だって、みんな美しいでしょー。素敵でしょー。

特にアジエンスのゴクミはCMが流れる度に
食い入るように見てしまいます。素敵すぎるー。
子供を産んでも変わらぬ美しさ、歳を取るたびに
上がっていく女度。素晴らしすぎる。
見習いたいー。

白ツバキの鈴木京香さんも素敵。
観月ありささんの足も!!

はぁー。美しい女性ってなんて素敵なんでしょう。

少しでも素敵エキスを分けてもらいたいものです。

しかし、CMは素晴らしいのですが、どちらも私の
使うものではなく、なんとなく残念。
あれを使うだけで、素敵になれそうな感じがするー。
(決してそうではないと思うけど・・・笑)

私は相変わらず、石鹸シャンプーです♪

 

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

夢見の悪い女
私は良く夢を見る。
起きてすぐ忘れてしまうのだけど、夢見の悪いものは
結構しっかり覚えていたりする。

その夢見の悪い夢とは私が浮気する夢。
これがまぁ、しょっちゅう浮気するんだ(笑)

いつもは浮気して、夫にばれたらどうしようーと悩んで
いるところで終わるのだが、昨日の夢はそれで終わらなかった。



なんと夫に浮気がバレタのだ!(何回も書くけど夢ね)

もうこれはすさまじい内容で、夢の中の私はかなり泣いていた。

あまりにも浮気する夢を数年前から良くみるので、
自分では気がついていないものの、本当は潜在意識の中で
そのような願望があるのでは?と恐ろしくなって、
くだらないだろうが、ネットで調べてみた。

すると、浮気の夢は夢見は悪いが逆夢で、現実には
日常におけるとても楽しい体験を暗示しているらしい。

しかも泣く夢は現実にはうまく事が運んで笑えるような
展開になる事をさしているらしい。

素晴らしいではないか!

浮気をして泣いているなんてゴールデンコンビではないか!

浮気をして泣いている=楽しい経験が待っていて、うまく
ことが進み、笑えるような展開になる!ということ。

ラッキー。

思わず夫に話してしまった。

そんなに浮気しとるんかい!と夫が言ったのは
言うまでもない(--)

てへ。
 
 



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

鼻歌
鼻歌というものは、何もないところから、浮かんでは消える
謎が多いものです。

気分に反して頭に浮かんでくることもあります。

歌っちまって、あとから「はっ!!」とし、恥ずかしく
なることもあります。

誰かに聞かれている訳ではないので、恥ずかしいといっても
一瞬なのですが。

最近「ポッ」っと勝手に一人恥ずかしくなっちまったのは、

1.自転車を蛇行運転しながらの「はいからさんが通る」熱唱編。
  
  →これは買い物帰りのごきげんなときの歌です。


2.はいからさんつながりなのか?南野陽子の
  「風が踊る五月ぅーのまぁーちで♪」←歌の名前がわからん。

  →これは夕暮れの街を自転車で駆け抜けてた時ですねぇ。


3.「恋をした夜はぁ、全てがうまくいっきぃっーそぉーでぇー」
  こぶしをきかせ気味の江口洋介の歌。

  →ちなみに掃除をしてる時。


選曲が全て昭和やん。
しかも、何で今、この曲?という感じの選曲。
掃除をしているときに、恋は関係ないはず。


ところで、夫が居る時にも、ついつい歌ってしまって、
「懐かしいねー」なんて言われることも。

あんた(--)懐かしむ前に、その恥ずかしい妻を
どうにかした方が良いと思うよ。
とアドバイスしたくなるときがあります。

ちなみに夫が懐かしんだのは、
鈴木蘭々の名曲「泣かないぞェ」です。


メガネに憧れる
子供の頃から思ってたんですが、目が悪い女子って
なんだか美人に見えません?

普段はコンタクトなんだけど、お泊りしにいったときに
メイク落とし後、メガネをかけていたり、おうちに
お邪魔したときにメガネ姿だったりすると
「ほぇー。うらやますぃー」と思うわけです。

普段は目が悪い事など、おくびにも出さないくせに、
いざというときのメガネ作戦。不意をつかれます。
思わず「ポッ」ってなります。「おぅ」って思います。

メガネ姿を褒めると、たいていの女子は
「そんなことないよー」と謙遜するのですが、
その謙遜ぶりがまた可愛くもあり。

一方、私はメガネ男子も好きです。
メガネってなんだか、とてーも知的に見える。

そしてメガネには「はかなさ」を感じる。

私は見かけからして、バリバリ元気っ子なんですが、
実は虚弱体質で、病気だといってもあまり信じてもらえない。
いつでもテンション高めだからでしょうか。
職場でも熱が出ているのに出勤し、ぜいぜい言いながら
働いても、普段が元気なので、たいしたことなかろーと思われがち。

かぁー。これでメガネかけてりゃ最強なのにさーと
思うことがある(関係ない?)

なぜか私たち夫婦は無駄に目が良い。
夫なんか、仕事でも目を使い、家でも目を使い、人何倍か
目を使うのに、一向に視力が落ちない。

私も一日かなりの割合でPCやTVを見ているけど、
一向に視力が落ちない。

そういう人って老眼をかけるの早いっていうよねー。
たぶん私もやーん。

私の知的大作戦は、もうちっと先になりそうだけど、
その時点になったら、もはや老けて見えるのでは?と
いらん心配をしております。
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2005 cocokara's diary all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。