cocokara's diary
私の日常を綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然の出来事
私は貴方が居ないと生きていけないの。

もう連れ添って何年かしら。

結婚してからずっとよね。


ある日貴方は突然消えてしまった。
それまではずっと仲良くしてきたじゃない・・・・・・。
私、貴方が居ないと生きていけない。
いてもたってもいられない。




































私のパソコンちゃんよー!!



そうなのです。
金曜日、夕方突然ぷつんと音を立てて切れてしまった。
もう何の手を施しても復活しない。

私は人よりかなりパソコンをヘビーユーズしている。
日中も仕事のようなことをしているので、手放せない。
こうなりゃ、土日中に買わなくちゃならないだろうか・・・。

先日ソファを購入したばかりで、大きな出費は痛い。
誕生日プレゼントも買ってもらったばかりなので、おねだりも
しにくい・・・。退職金、あといくら残ってたっけ・・・

なんて思いながら、花火を眺めていた。
ずっとずっと落ち込んでいたので、夫も心配してくれたの。

バックアップをとる暇もなく壊れてしまったので、膨大な資料が
吹っ飛んでしまったことに落ち込む・・・。

家に帰って、夫がいじってくれる背中を見ながら
夫のPCで遊んでいたらあらゆる手を尽くして、データを救ってくれた。
これだから夫は頼りになる。
本当に頼りになる。
そればかりか、PCをなおしてくれちゃった。素敵ー!
夫は機械に詳しくて家の中のあらゆるトラブルを解決し、通常使う
以上に快適にしてくれる。

もちろん人格が大好きで結婚した私だけど、この能力にも惚れたのよー!
いつもオタク、オタクって言ってごめんよー(私も立派なオタクやけど)

とはいえ、調子が悪いことには変わりないので、PCの購入も
考えないとな・・・。

来月からバイトでもして買おうかな(^m^)
まぁ、ひとまずバックアップも取れたので安心です。

皆様もデータのバックアップ、とっていると安心ですよ。
プツンは突然やってきます。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

LOHASの結果
先日美容院に行ったときのこと、初めて私の髪を触る人、
つまり下記3名

1.シャンプーをする人
2.ブローをする人
3.髪を切る人     ・・・それぞれ違う人です

に、髪の毛を褒められました。

つやが良いだとか、質が良いだとか♪

どのようなヘアケア製品を使っているのかもそれぞれの方に聞かれました。

しかし、私はお高いヘアケア製品を使っているわけではなく
手間をかけているわけでもなく、石鹸シャンプーに椿油というシンプルケア。
(詳しくはコチラの記事で書いてます)


これが地道に続けてきたLOHASの結果なのか?とも思った!

思えば、LOHAS生活を始める前はそれこそお金をつぎ込んで
ヘアケアアイテムを沢山買って頑張ってお手入れをしたり、
美容院に行ってトリートメントしてもらったりと随分
手間とお金をかけていた気がするけど、その時の方が
髪が痛んでいたような・・・。

なかなか人にLOHASな結果を褒めていただくことはないけど、
なんかちょっと嬉しかった♪と思った、おかっぱの夏。
 


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

Wii-その後
先日Wiiを買ってから、よほどのことがない限り、
1日1Wiiしているのーーー。

当初は体力年齢60歳だった私も、今では26歳に~♪

そして自分の意外な素質に気づく♪

野球・ゴルフが上手い!

しかし、テニスがバリヘター。どうやっても上手くならん。

そしてボクシングに異様なまでの執念を燃やす。

ゲームにはまるなんて思わなかったけど、毎日楽しいし、
健康にもいいんじゃないかと思っていたんだけど・・・・・。

・・・・・忘れてました。

・・・・・私、興奮したら息を止めてしまうことを・・・。

以前、マリオカートをしているとき、興奮しすぎて酸欠状態に
陥りました。

怖い映画も観ていると息が苦しくなるので見る事ができません。

Wiiでボクシングをしているときに、興奮している+激しく
動きすぎる+梅雨時期・・・ということで、持病の喘息が
出てしまいました。

室内運動なのに、ゲームなのに・・・

私って一体・・・(--)
 

wiiソフト wiiスポーツ

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

まくらおじさん
先日、わたくしの枕問題を書きましたが、早速チェックしに
デパートへ行ってきました。

が、デパートへの対応があまりにも違ったのが驚き。

まずは百貨店A

平日の昼間のお客様が他に居ない時間に行ったのに、
3人は居た店員が誰も話しかけてこない。

種類は沢山あったし、店員さんに色々言われると、
こちらも選びにくいので、有難いといえば有難かったんだけど
店員さんに声を掛けたら最後、買わなきゃいけない雰囲気で
結局どんな違いがあるのか、どういうものを選んだらいいのか
わからないまま帰ってきてしまった。

そんなこともあって別の日に百貨店Bへ

下見のつもりで行ったので閉店間際に。

百貨店Aに比べたら種類は少ないのだけど、私がひととおり
見た後に、ゆっくりと話しかけて下さった。

今使っている枕や枕の寿命、検討するであろうそれぞれの
枕の特徴を丁寧に話してくださった。

事前に「今日は時間もないですし、後日ゆっくり観に来ます」
と申し上げているにも係らず、
まくらおじさんは枕について語り始めた。

まくらおじさんは私の首と床の長さも計ってくれて、
来たいときに来ていつでも試して行ってくれと言う。

おそらく枕売り場というのは、本当に枕が欲しくて行く人が
多いと思われ、デパ地下や洋服売り場と違って
「ちょっと買っちった。てへ」的な買い方をしないのだと思う。
(私の勝手な予想だが)

一日にお客様に対応する数も他の売り場に比べたら少ないほうだと思う。(これも勝手な予想だが)

故に私がもし枕売り場の店員ならば、枕おじさんのように
買わないとしても、枕について知って欲しい。参考にして欲しい
と思って、話しかけずにはいられないと思う。

まくらおじさんは枕の謎は全てお答えしますよ。
満足の行く枕を探してあげますよ的なオーラに包まれていた。

枕というのは首と床の長さを計り、4パターンくらいに
分けられた高さを選び、柔らかめ・硬めの好みや、素材の好みに
あわせて選んでいくそうだ。

というわけで、私は、まくらおじさんイチオシの枕に気持ちが
傾きつつある。

しかし、まくらおじさんは「寝てみないとわからないですから
今度いらっしゃったときにゆっくり試してみてください」と言った。

そうだね。そうしよう。




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ほほえましい一家に遭遇
私、出かけるたびに面白い出来事や面白い人に
遭遇する確立が高いのですが、先日はかなり
ほほえましい一家に遭遇いたしました。

福岡天神大丸東館4階の某ブランドショップにて、
商品物色中のところ、小学生(もしくは中学生)
くらいの男の子が、ショップの入口に座り込み
床の写真を撮り始めました。
 
そこで、その子の登場。

「どうだ!」と言いながら、父が定規で床を測りだしたの。
 
ショップ店員の方が不信に思い、近づくと登場。
 
「アンモナイトの研究してましてね。さっきから
いろんなところの写真を撮っているんですけど、
ここのはすごいですよ。大きいですよー」とのこと。
 
「アンモナイトを探す宿題をしているので、写真撮らせて
くださいねー」と笑顔で説明。

店員さんもちょっと驚きつつも「はぁぁ」と言うしかない。
 
「大きいぞー」という家族の確認の声掛けが店内に
こだまする中、私は出ましたが、引き続き撮影は続けられて
いたよう。
 
「○○センチだー」「大きいねぇ」という声を背に
フロアを後にしたのでした。

岩田屋や三越も行ったみたいだけど、大丸の東館4階の
某ブランド入口の大理石中のアンモナイトがデカイらしいです。



copyright © 2005 cocokara's diary all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。