cocokara's diary
私の日常を綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鼻歌
鼻歌というものは、何もないところから、浮かんでは消える
謎が多いものです。

気分に反して頭に浮かんでくることもあります。

歌っちまって、あとから「はっ!!」とし、恥ずかしく
なることもあります。

誰かに聞かれている訳ではないので、恥ずかしいといっても
一瞬なのですが。

最近「ポッ」っと勝手に一人恥ずかしくなっちまったのは、

1.自転車を蛇行運転しながらの「はいからさんが通る」熱唱編。
  
  →これは買い物帰りのごきげんなときの歌です。


2.はいからさんつながりなのか?南野陽子の
  「風が踊る五月ぅーのまぁーちで♪」←歌の名前がわからん。

  →これは夕暮れの街を自転車で駆け抜けてた時ですねぇ。


3.「恋をした夜はぁ、全てがうまくいっきぃっーそぉーでぇー」
  こぶしをきかせ気味の江口洋介の歌。

  →ちなみに掃除をしてる時。


選曲が全て昭和やん。
しかも、何で今、この曲?という感じの選曲。
掃除をしているときに、恋は関係ないはず。


ところで、夫が居る時にも、ついつい歌ってしまって、
「懐かしいねー」なんて言われることも。

あんた(--)懐かしむ前に、その恥ずかしい妻を
どうにかした方が良いと思うよ。
とアドバイスしたくなるときがあります。

ちなみに夫が懐かしんだのは、
鈴木蘭々の名曲「泣かないぞェ」です。


スポンサーサイト
copyright © 2005 cocokara's diary all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。